荒川サイクリスト

40代になってロードバイクを始めました。
基本、荒川CRを一人で走ってます。
自転車のことを中心に記事にしてきます。

愛車はMERIDA SCULTURA TEAM。

パワーメーターの電池交換をしました。

どうも、Tsuyoです。


前回のサイクリングの最後、サイコンにパワメのバッテリーが無くなりつつある旨のメッセージが表示されました。


電池がどの位持ったのか集計してみました。
パワメを取り付けたのが4月下旬でした。
約半年強、電池が持ったことになります。
走行距離:2,162km
走行時間:88時間35分



今回、パワメの電池交換をしてみます。
マニュアルを確認すると手順としては
1.右送信機のカバーを取り外す。
2.電池を入れ替える。
3.モードの確認。
4.右送信機のカバーを取り付ける。
といった感じでしょうか。


では早速。
1.右送信機のカバーを取り外す。
工具は2mmの六角レンチを使います。

取り外し完了。


2.電池を入れ替える。
電池は市販されているCR2032を1つ。

コンビニとかでも売ってますが以外と高いです。
Amazonで頼もうかとも思いましたが100円ショップで買ってきました。
三菱製でした(^^♪なんか100円ショップで売っているので無名なメーカーかと思ってましたが…


3.モードの確認。
電池を取り付けるとLEDが10秒間点灯するらしいのですが、モードによって色が違うようです。
・ペダリングモニターモードは緑。
・パワーメーターモードはオレンジ。
私の場合はオレンジに点灯しないといけません。
マニュアルには電池の入れ替えをするとペダリングモニターモードになるらしいですので、送信機のプッシュスイッチでモードを切り替えます。


4.右送信機のカバーを取り付ける。
モード確認も出来たのでカバーを取り付けて終了です。

サイコンでも認識しましたので大丈夫そうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。