荒川サイクリスト

40代になってロードバイクを始めました。
基本、荒川CRを一人で走ってます。
自転車のことを中心に記事にしてきます。

愛車はMERIDA SCULTURA TEAM。

ANCHOR RFA5 EQUIPE

こんばんは。


前回、前々回でロードバイクに至る経緯をアップさせてもらいました。

今回はANCHOR RFA5の購入時の話をしたいと思います。



昨年10月頃、ネットで調べ、ANCHORにする事は決めました。ロングライド向けというのもありRFA5、カラーオーダーが出来るEQUIPEにしました。


良く見に行ったY'sRoadに行き、購入意思を伝えるとカタログを出し受付がはじまりました。

カラーオーダーのフレームの色、ロゴの色を話をしていると、所々で話がかみ合わない事が出てきます。


なんで???


原因は店員さんの見ているカタログは最新の2016年モデル、私の調べた公式サイトはまだ2015年モデルが掲載中。

ブリヂストンさん、カタログとネットは同期してくださいm(_ _)m

公式サイトはカラーオーダーのシミュレーション出来るようになっているので更新が追いつかなかったのかもしれませんね。



結果的に以下が意図したものと変更になりました…

・フレームカラー

マットブラックは廃盤になり、単一黒はモノトーンブラックのみとの事。

でも2016年モデルからオーバーコートという表面仕上げが3種類から選べることになり、

その中で半光沢のシャーベットというのを選択。

・ロゴカラー

アンカーのロゴ:フレームカラーと同じ、縁:シルバーという希望が、縁取りは廃止、ロゴ無しも選択肢として選べないという事でシルバーを選択。


その他はこちらの希望通り。


その後はフレームサイズとポジションを決めるためお店の機械で計測していきます。


無事に受付終了し、納車は1カ月後くらいとの事。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3週間位たち納車したとの連絡が、受け取りに行く日を決め、その日はドロハン化したESCAPE R3で出勤、お昼休みにお店に行きペダル、ホイールの移植をお願いし、夜に受け取りに行く事を伝え、仕事に戻ります。

ホイールは、すでにフルクラムレーシング7にしてあったので店員さんも移植した方が良いですよとの事でしたので、シマノWH-RS010は後日取りに行く事にしました。

結果的にはレーシング7が良いのであれば必要ないと判断し処分をお願いしました。


定時後急いでお店へ、担当の店員さんを見つけ、感動の初対面。

移植した以外のもの(ライト、サドル等)を受け取り、保険の説明を聞き、無事納車完了。


早速、10㎞の帰宅ライド、感想は今までと全く違う乗り心地で感動。

変速時のギアの切り替わりや、ペダルを踏み込む感触は別物でした。


でも、お尻が痛い(>人<;)

我慢出来なかったので元々付けていたSMP エクストラに変更。

10㎞も我慢出来なかった貧脚ならぬ貧尻です。


乗り始めてから毎週週末に50㎞程度を走っています。

とても快適で走る事が楽しいです。


今週末も走りに行くぞ〜

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。