荒川サイクリスト

40代になってロードバイクを始めました。
基本、荒川CRを一人で走ってます。
自転車のことを中心に記事にしてきます。

愛車はMERIDA SCULTURA TEAM。

エアロハンドルを導入

どうも、Tsuyoです。


またまた新しいパーツを導入。
今回は、ハンドル。
しかもエアロハンドルです(^^♪


本当は3Tのハンドルが欲しかったのですが予算がないのでAmazonで3Tのパチもんのたぶん中華カーボンのやつを購入(--;)

RXL SL ロードバイク ハンドルバー カーボンファイバー 自転車用ドロップ ハンドル 超軽量 全炭素繊維 3K/UD光沢 黒 31.8*400/420/440mm (UD光沢, 400mm) RXL769
RXL SL ロードバイク ハンドルバー カーボンファイバー 自転車用ドロップ ハンドル 超軽量 全炭素繊維 3K/UD光沢 黒 31.8*400/420/440mm (UD光沢, 400mm) RXL769
RXL SL
スポーツ&アウトドア

形状とかはとてもよく似てるみたいです。


Amazonのレビューでは賛否両論。
まあダメだったら元に戻せばいいかのノリです。
価格も1/10くらいだし…


このハンドル、ブレーキとシフトケーブルを中に通せるようになってます。


ただし3Tのものはブラケット側はブレーキケーブルとシフトケーブルを通す穴が別々にあるみたい…
今回購入したものはブラケット側も一つの穴が空いてます。


なのでブレーキケーブル、シフトケーブル共に一つ穴に入れ、一つの穴から出す作業があります。


この作業、レビューを見ると二度とやりたくないというコメントがあるようで覚悟が必要…
場合によっては4時間くらい掛かったというコメントもありました。


ブレーキ、シフト共にいらないインナーケーブルを通します。


私はブラケット側から入れ、ハンドル中央に出すようにしました。
出す側ではピンセットを使うとやりやすいという記事があったので参考にしましたがワイヤーの先端を穴の位置で掴まないと硬くて取り出せません。


インナーケーブルをガイドにしてアウターケーブルを通していきます。
こちらはスムーズにとはいきませんが苦戦はしませんでした。


全部で4本か…本当に4時間掛かるかと思いましたが1時間程度で終了。
その後、各インナーケーブルを通し、ブレーキとディレイラー調整を行い、バーテープを巻いて終了。
2時間半位で全行程を終えました。


仕上がりはこんな感じ(^^♪









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。