荒川サイクリスト

40代になってロードバイクを始めました。
基本、荒川CRを一人で走ってます。
自転車のことを中心に記事にしてきます。

愛車はMERIDA SCULTURA TEAM。

【9/3】筑波山ヒルクライム

どうも、Tsuyoです。


筑波山に行ってきました。


ちょうど1ヵ月後にクラブで子の権現へトライする予定です。


子の権現…ロードバイクで初めてヒルクライムをした場所。
案の定、初心者の私は洗礼を受けました。
少なくともあと数名同じ思いをされたクラブメンバーがいます。
1年の成果というか成長をみようという企画。


クラブの方達、この1年でローラーを導入されたりとストイック?にされてます。


私はローラーなんて導入出来ないので専ら週末に走るしかない状況。


前置きはこの位にして、まずは、つくば駅まで輪行。


始発駅の秋葉原までは30分くらいなので行きやすい。


つくば駅に到着。
ここから不動峠を目指します。
距離にして約13kmくらい。


もう少しで不動峠。
前方に筑波山が見えてきました。


不動峠手前の無料駐車場に到着。
少し休憩して不動峠ヒルクライムをスタート。
前にクラブのセンチュリーライドで1回登っている。
今回は、タイム短縮を目標にしたいところです。


あまりタレないように登って行くように意識して登ります。


到着…
く、苦しい…
写真撮る余裕無し。
タイムはどうなんだ…
後でstravaを見たら16秒も遅かった…残念です。


息を整えた後、表筑波スカイラインに入り、風返し峠、つつじヶ丘へ向かいます。
つつじヶ丘に到着。

ガマの油のところ、今までここで撮ってなかったので撮れて良かったです。


でも、朝が早かったのか売店は閉まっておりソフトクリーム買えなかったです。
しょうがないので飲み物だけ自販機で補給。


この後は風返し峠から石岡方面に下って行きます。


ブルベの時にこの下りでパンクしたことを思い出します。
慎重に下ろう。


湯袋峠との分岐する丁字路を右に折れ、ゆりの郷方面に下って行きます。


ゆりの郷を過ぎぶつかった丁字路を右折します。


左に行くと石岡市内となるのですが今回は右折し、十三塚峠に向かいます。


センチュリーライドの時、風返し峠から下ったコースを登ってみようと思います。
下った時は最初、勾配が急過ぎて自転車を担いで降りたところです。


今回は押さずにのぼれれば上出来、足ついて休憩はOKと勝手に目標設定。

暫くは住宅地を登っていきます。
既に勾配は10%前後をウロチョロ…


段々と勾配が上がっていきます。
15~17%とかも表示されてきた(>_<)



途中、「紫寳水(しほうすい)」という湧き水がありました。
ネットだと「紫賓水」という表記もあるみたいです。


冷たくて生き返ります。


息が整ったので先に進みます。


暫く進むと◇マークの区間が現れます。
前回の記憶を辿ると風返し峠までずっとです。


勾配も段々20%をウロチョロ。
道幅も車一台しか通れないくらいに狭まって来ます。


フラフラしながらも、もがいて登っていましたが、後ろからエンジン音が聞こえて来ます。


振り向く余裕もないのに( ˃ ⌑ ˂ഃ )
段々とエンジン音が近付いて来ます。
乗りながら車をスルーさせる余裕がなく、あえなく脚をついて道の端に寄り車をスルー。


さあ…再スタート。
勾配19%からの再スタート。なんとかクリートをはめますが、前輪が浮きそうになります。


その矢先に、また下からエンジン音が聞こえてくる。


この後も車がくる⇒足をついて道を譲る⇒クリートはめる⇒前輪が浮いて怖い思いをする。の繰り返しが続き、残り200mくらいは不本意ながら押して登ることに…


でも20%前後でも何とか登れることは確認出来ました。


風返し峠からは筑波山神社方面に降り、つくば駅に戻りました。


不動峠も記録更新ならず、十三塚峠も押して登ってしまいなんか消化不良です。


でも十三塚峠、ある程度まで行けたから良しとするか…


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。