荒川サイクリスト

40代になってロードバイクを始めました。
基本、荒川CRを一人で走ってます。
自転車のことを中心に記事にしてきます。

愛車はMERIDA SCULTURA TEAM。

prologo Dimension T4.0を買いました。

どうも、Tsuyoです。


パイオニアのサイコンの記事が続きましたが、
実は同時に別のものも購入してました。


「prologo Dimension T4.0」
最近話題(?)のショートサドルです。


ここの所、体幹を意識して乗っているとポジションが前に自然といくことが多く、
サドルを一番前にしても足りない感じ。


そこでいろいろ調べたらショートサドルが候補になりました。
スペシャの Power とかシマノのステルスもありますが今使っているサドルが prologo なの と形が好みだったので Dimension となりました。


通常の Dimension ではなく T4.0 にしたのはレール素材だけの差なので 公称 25g の差で 2,000 円~3,000 円程度違うのでケチりました(笑)
色はホワイトを今回選びました。


汚れるかもしれませんがちょっと色で遊ぼうかと思います。
ちょっとした冒険です。
フレームにもロゴ以外でも白が使われてますから大丈夫かと。
ついでにバーテープも変えました。今までと同じチネリの色違い。


本当は 2 月中旬以降に買おうと思っていたのです。
ですがパイオニアのサイコンが中々入荷されない状況なので
モヤモヤしていたらポチってました。
翌日サイコンの入荷連絡を受けましたが...


到着したので取り付けしてみます。

ノーマルのサドルと比べてみます。
サドルレールを合わせてみるとサドルの座面の広い所が前に来ているのがわかります。
調べた通り前乗りに特化したサドルみたいです。


取り付けはノーマルと同じ所からスタート。
コラムのトップキャップからサドルの先端までが400mm。
ショートサドルは40mm短いのでトップキャップから440mmで固定。
サドルレールを見たら一番後でした。
ノーマルは一番前にしておいたのに…



取り付けてみて若干冒険しすぎた感がありますが外観は満足です。
あとはポジションを詰めていきたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。